FC2ブログ
■アフェリエイトの税金

《スポンサーサイト》  ▲TOPへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《アフィリエイトの税金 》  ▲TOPへ

アフィリエイトで得た収入は基本的に税金がかかります。そのため年に一度、確定申告をしなくてはなりません。サラリーマンの人は給与から源泉徴収されているため、別に確定申告をしなくてはなりません。

《税金の種類 》  ▲TOPへ

アフィリエイトで得た収入は所得税となります。所得税は仕事や所得の内容により課税方法が異なりますが、事業所得、雑所得などの対象となります。

1.事業所得
アフィリエイト以外に収入がない場合、アフィリエイトの収入が大きい場合などは事業所得となります。申告の方法は白色申告と青色申告があります。青色申告は税金の控除額が高いのですが、帳簿などをきちんとする必要があります。また申告時にインターネットの接続料金など経費扱いにもできます。

2.雑所得
一般のサラリーマンなど給与所得があって、アフィリエイト収入が少ない場合は雑所得となります。雑所得は年間20万円未満であれば確定申告の必要はありません。

《所得税の課税率》  ▲TOPへ

所得税の課税率は、所得が多いほど税率が高くなる超過累進税率方式になっています。税率は以下のようになっています。給与所得とアフィリエイト所得がある場合は、合算した金額で計算します。

《ネット収入にも税金がかかります 》  ▲TOPへ

アフィリエイトは手軽に始めることができ、またホームページ製作にはまると面白いため、仕事であるという意識があまりないかもしれませんね。しかし、お金を得るわけですから、もちろん所得税の対象になります。

《所得税とは 》  ▲TOPへ

所得税とは、個人単位で所得額に応じてかかる税金で、所得額が多いほど税率が高くなる、超過累進税率方式をとっています。所得税は、所得の種類によって 10 種類に分けられ、それぞれ課税方法が異なります。

《アフィリエイトと税の種類》  ▲TOPへ

それでは、アフィリエイトによるネット収入は所得のどれに当てはまるのでしょう。一概には言えませんが、給与所得、事業所得、雑所得のいずれかになります。なお、所得額が何円ならこの所得として扱う、といった決まりがあるわけではありません。

《[1] 給与所得になる場合》  ▲TOPへ

アフィリエイトを行う主体を法人化(会社のことです)して、自分が従業員として労働している場合はこれになります。自分一人で全部仕事をしていても、法人にしている場合は給与所得になります。あまりいないでしょうから詳しくは割愛します。

《[2] 事業所得になる場合》  ▲TOPへ

アフィリエイトは個人事業(インターネット上でお店を運営している) とみなされます。アフィリエイト以外に収入を持たない場合はもちろんですが、他に収入を持っていてもアフィリエイト収入は原則として、事業所得として申告します。

《[3] 雑所得になる場合》  ▲TOPへ

※これに分類される方が一番多いでしょう
アフィリエイト収入以外にも給与所得等があり、アフィリエイト収入が比較的少ない場合は雑所得で申告することもできます。

必要経費として認められる範囲が狭くなる、他の所得と損益通算ができないなどのデメリットもありますが、事前に開業届出を出す必要がなく、比較的手間がかからない、というメリットがあります。尚、雑所得の場合、雑所得の合計が年間20万円未満であれば、確定申告の必要はありません。

お気に入り/RSS

ブログではじめる正しいアダルトサイトの作り方はリンクフリーになります。ご参考になるようでしたブログ等でご紹介頂ければと思います。 最新のアダルトサイト事情、アフィリ情報を配信致しておりますので、ご自由にお気に入りに追加して下さい。

マウスを乗せると、使用しているブックマークサービスのボタンが一覧表示されます
         ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。